カードローンの審査に落ちてお悩みの方へ

 カードローンの申込みをしたら審査落ちでしまった、申込をしたからといって誰でもお金が借りられるわけではありませんのでそれは当然のことです。では、審査落ちてしまう人と審査通過してお金が借りることができる人との差はいったい何があるのかというと一番は、属性にあります。
カードローンの審査では属性が重要になってきます。属性とは、年齢や家族構成、住居、職業、年収、勤続年数、他社借り入れなどのことです。これがいい悪いで限度額にも差が出てくるのです。アルバイトで働いているかたよりも公務員で働いている方のほうが保険もききますし収入も安定してますので、社会的な信用も公務員の方のほうが断然上です。このような場合を属性が高い人となります。
収入が安定してるなら、カードローン会社も喜んでお金を貸しますしリスクが低いですので金利も低くなります。アルバイトの方で、頻繁にアルバイト先を変えるなど収入が安定していない方となると、お金を貸しても次の月に仕事を辞めていたら今働き先がないので返済を待ってほしいなどとなりますので、そのような安定していない方は属性低い人となります。

 

 そうなると、限度額も低くなりますしリスクも高いので金利も高い金利が設定されるだけならいいのですが、限度額自体がでなくて審査落ちしてしまうこともあるのです。銀行系のカードローンだと審査が厳しく属性が高い人が融資を受けられますが、消費者金融系であれば融資の可能性があります。しかし、最近では消費者金融でも法律が厳しくなったために大手の消費者金融では銀行と同じくらい審査も厳しくなっていますので、消費者金融だから審査も甘く貸してくれるだろうという先入観はもはや古いものとなっています。

 

 また、中小の消費者金融であれば大手と比べると柔軟に審査に対応してくれる会社が多いです。他社で断られてしまったことがあってもその人の事情や内情などを組んで融資を行ってくれます。中小の消費者金融であれば、大手の消費者金融で融資を断られて審査落ちした人でも借り入れができる可能性はでてきますが、さすがに債務整理をしたことがあったりなどブラック情報が信用情報機関に登録されたままであるとさすがに融資をしてもらうことは厳しくなってしまいます。
ただし、債務整理手続きした後であっても債務整理後の残高をすべて返済終えているなどであれば、柔軟審査で融資をしてもらえる消費者金融会社もあります。


カウンセラー NKI PR-Link FromPage-R 相互リンクダイレクト 相互リンク ステラの贅沢青汁 データ復旧 PVランキング